<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。

 

レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。

 



<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:2020/10/14

シェイプアップのご飯方法では
「質」が重要なポイントとなります。

ご飯の質とはそのカロリーの中身です。
いくら摂取カロリーを抑えていたとしても
脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
シェイプアップの妨げになるばかりです。

正しい栄養バランスで
ご飯を食べることがとても大切なのです。

では
どのようなご飯がシェイプアップに最適なのかというと、
ポイントは3大栄養素のバランスです。

これは栄養学の基本であり、
これを正しく理解しておかないと
シェイプアップの成功はありえないと言っても
過言ではないくらい重要です。

では、3大栄養素の中で
最も人間の体に必要な栄養素は炭水化物です。

炭水化物は人間のエネルギー源であり、
炭水化物が不足すれば人間の活動レベルも低下しますし、
シェイプアップに関しても逆効果を招くのです。
そのくらい重要ってことですね。

さて、
そこで問題となるのがシェイプアップを行う場合、
皆さん真っ先に炭水化物を減らそうとするのですが、
これが大きな間違いなんですよね。

「PFCバランス」と言う栄養比率があります。
PFCバランスは
ご飯の理想的な3大栄養素の比率を割合で示したもので、
その割合を目安にする事で健康的であり、
太りにくい食生活となる比率のことです。

現代人の食生活は欧米化による脂質の高い食生活になっており、
栄養バランスが崩れがちです。

シェイプアップでご飯に気をつける場合、
PFC比率を目安にご飯を摂ることが
理想的な食事となるのです。

シェイプアップでは
トレーニングを行うためタンパク質の比率をやや重視して
ご飯することが効果的となります。