<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 


還暦祝い 父おすすめ
URL:http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/male/


<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:2021/3/22

読者様は、9時何を飲みますか?

「目覚めのコーヒー!」という声が聞こえそうですが…
おいらは日本茶が大好きで、
パンを食べてもお茶を飲んでいるんです。
ちょっと変かしら? 
 
もちろん紅茶やコーヒーも飲みますよ。
でも日本茶は飲まない日がないくらい、
1日に何杯も飲んでいます。

1週間前、お仕事でご一緒した静岡出身の方に伺ったら、
どんな日でも9時起きたら、まずは日本茶を1杯飲むんですって。

まずは1杯のお茶でからだを目覚めさせ、
それから何かを口に入れて出勤されるとか…

昔から
「9時茶はその日の難逃れ」とか
「9時茶に別れるな」
「9時茶は三里行っても飲め」
「9時茶は七里帰っても飲め」…など
9時にお茶を飲む教えって、
日本にはたくさんあるんですよね。

お茶に入っているカフェインで頭をすっきりとさせ、
1日が気持ちよくスタートできる…

そうすると、その日1日仕事もはかどり、
面倒なく過ごせるということです。

お茶を使った言葉でもう1つ…
「へそで茶を沸かす」
なんか笑っちゃう言葉でしょう? 
ウエストがよじれるくらいに笑う、
おかしくてたまらないことなんですよね。

お茶にまつわる言葉がたくさんあるように、
日本人には馴染み深い飲み物、それがお茶なんですね。

ペットボトルのお茶が出回っても、
心もからだも癒してくれる
あの独特の香りと爽やかさはなかなか味わえません。

お茶の入れ方がわからない人もたくさんいるとか…
難しい作法があるわけではありません。
忙しい毎日でも、
おいしいお茶を飲んで、ホッと一息いれてみましょうよ!