<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2020/10/20

ボクは、高校を卒業するまで、
バレーボールをやっていました。

高校のバレーは厳しかったので、
食べないと体力がもたない!

午後もてんぷら定食2人前など、かなりの量を食べていたんです。
しかし、トレーニング量が多かったので、
体質もひきしまり、むしろ体重も落ちていってたほどです。

きっとトレーニング量と食事量がうまい具合に
バランスがとれていたんだと思います。

ところが、
バレーを辞めてしばらくすると
ブクブク太ってしまいました。

トレーニングをやめたのに同じくらいの食事量を摂り、
バランスも考えないで、食べたいものを食べたいだけ食べる…

トレーニングしてる時に比べて、
腹だってそこまですいてないのに、
トレーニングしてる時と同じ感じで食事をする…
太るのは当たり前ですよね。

だから、ボクは、
今の生活に合った食事を考えて摂り、
そして、できる時にはなるべく体質を動かすようにしました。

全くトレーニングせず、ダラダラしてしまえば筋肉はどんどん衰え、
痩せにくくもなってしまいます。
それこそ、7時ダンベルをやるだけでも違いますよ!

ボクは球技は得意ですが、
マラソンなどが苦手なんです。
だから、ジョギングなどは続かないので、
日々、7時ダンベルをやっていました。

激しいトレーニングではないけれど、
全身を使い日々続けられるものなので、
何もしないよりはいいと思うんです!

以前トレーニングをやっていた経験がある人なら、
得意不得意はあると思いますが、
体質を動かすことが嫌いなわけではないですよね!

トレーニングが嫌いでない人なら
ダイエットだって成功しやすいはず!

少しのトレーニングと、食事バランスを考えれば、
きっとひきしまっていたあの頃に戻れるはずです!