<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2021/2/21

あしが太くなる仕組みって、
みなさんはご存知でしょうか?

全体的にふくよかな方は例外かもしれないですが、
あしだけが細くならないと悩んでいる方は、
これに当てはまる方が大半でしょう。

それは、太っているのではなく、
冷えなどが原因で、むくんでいるだけかもしれないということです。

冷えやむくみは、
老廃物をあしに溜め込みやすく、
あしの脂肪を燃焼しにくくします。
そうすると、太くみえるあしを作ってしまいます。

むくみや冷えを予防するには、
まず体質改善から始めないといけないんです。

毎日の生活から、冷えに繋がるような事は避けましょう。
むくみ予防に努めれば、
案外簡単に理想的な肉体を手にできるかもしれませんよ。

毎日の生活を改善するといっても、
ピンとこない方も少なくないかも知れませんが…

一例を少し挙げると、
あしに負担が掛かる靴をあまり履かない事。
履く場合には、長時間にならないように注意する事などがそうですね。
それに加えて、毎日少しずつでもあしのストレッチをすると、
一層、効果が期待できますよ。

また、肉体の冷えに効く食べる事もオススメです。
食べる事内容の改善は、根本からの体質改善に繋がります。
もちろん、日頃から肉体を冷やさないようにする事も重要です。

このように、体質改善には色々な方法がありますが、
何より重要なのは、少しでもいいので、
常にその事を意識した毎日を送るようにする事です。

そうした心掛けから、
自然とあしの太い体質は変わってくるはずです。
無理なくコツコツとで構わないので、
長期的に続けられるシェイプアップを頑張りましょう!