<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2020/11/30

メタボって、お腹周りの太さが基準となっているそうです。
男性だと85cm、女性なら90cm以上ウェストがある人は、
メタボの疑いが強くなるみたいですよ。

ですから、太っているということは
スタイル的な問題もさることながら、健康を損なう可能性もあるわけです。

メタボ解消のために、
ダイエットに励まなくっちゃ!

ダイエットに成功するためには、
どんなダイエット法を選ぶかももちろん大切ですが、
自分の生活習慣を反省することの方が重要だったりするんですよね。

皆様はダイエットの生活で
「これをやっていたら太るなあ」ということはありませんか?

テレビを見ながらおやつをつまむのが癖になっていたり…
お腹いっぱいなのに余計に食べちゃったり…
いやなことがあると、ヤケ食いをしたり…

自分の生活習慣を見直してみると、
改善ポイントは意外と出てくるものです。
逆にいうと、改善ポイントがあるから
ダイエットをしなければならない状況になったんですけど…

ダイエットというと、
激しい体操とか、厳しい食事制限
というイメージを持たれる方が多いようですが、

日々の悪い習慣を改善すれば、
簡単にダイエットできるんじゃないでしょうか?

「ダイエットをするにも、仕事が忙しい」
と言い訳する人もよく見かけますが、
いくら仕事が忙しくても、
自分の生活習慣を見直すことぐらいはできるはず!

このように、
ダイエットというのは
まず自分の足元を見ることから始めれば良いと思うんです。

高いハードルを設定する必要は全くありません。
自分の足元を見ることによって、手をつけやすいところから、
ダイエットを手掛けることができるようになるからです。