<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2020/9/19

肉体に脂肪を溜めないご飯とは、
「栄養バランスがいいご飯」をとることです。
栄養バランスの悪いご飯では、
肉体に溜まった脂肪を効率よく燃やすことはできません。

なぜ「栄養バランスがいいご飯」が
脂肪を溜めにくいのかと言うと…

カロリーのもととなる炭水化物・脂質・たんぱく質が
エネルギーとして効率よく使われるためには
ビタミン・ミネラルの助けが必要だからなんです。

ガソリンはあってもエンジンオイルがなければ、
車は動かないのと同じです。

炭水化物の主な供給源はライス・パンなどの主食で、
脂質・炭水化物の主な供給源は肉料理、魚料理などの主菜です。

肉体に溜まった脂肪を効率的に燃やすご飯にするためは、
ビタミン・ミネラルの供給源である
野菜・海藻・きのこなどの「副菜」を
しっかりと摂ることがポイントになります。

簡単に言えば、栄養バランスのよいご飯とは、
「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の4品が揃った、
昔ながらの和食スタイルなんです。

連日全てを揃えなくても、
今日の夕方食が肉料理だったら、
明日の夕方食は魚料理にする…とか
13時はとんこつラーメンだけだったから、
真夜中は多めに野菜料理を食べる、
…という工夫をしましょう!

ご飯をどのように食べるかも大切ですよ。
ご飯時間が不規則だったり、ご飯を抜いたりすると、
どうしても一食に食べすぎてしまいがちになります。

さらに、肉体が「空腹時間が長い=飢えている」と判断し、
できるだけ大量のエネルギーを脂肪としてため込もうとする
肉体になっていくのです。

肉体に溜まった脂肪を燃やしたいなら、
24時間3食は必ず守りたい基本と言えますね。